正しいムダ毛の自己処理方法

多くの人が抱えるムダ毛の悩み > 正しい知識を身に付けよう > 正しいムダ毛の自己処理方法

正しい知識を身に付けよう

最新記事

正しいムダ毛の自己処理方法

エステなどに行かずに自宅でムダ毛を処理する人も多くいらっしゃると思います。
その際、正しい方法で処理していますか?
ムダ毛の処理をしないわけにはいかないのですが、自己処理をすることで肌には負担がかかってしまいます。

 

広い範囲でムダ毛を処理する場合はカミソリで行なう人が多いと思いますが、刃物を肌に当てるわけですから慎重に行なってください。
必ず切れ味のよいカミソリを使用しましょう。
切れ味が悪いと力を入れなければならなかったり、うまく剃れずに何度も何度も同じところに刃を当てる事になります。

 

肌が柔らかい時に処理するのも重要なポイントですよ。
お風呂で処理する人も多いと思いますが、実はあまりお勧めできる方法ではありません。
実はお風呂は雑菌が多いので、カミソリの刃が当たった部分から雑菌が入ることもあるようです。
お風呂を上がってから部屋で処理した方が良いでしょう。

 

蒸しタオルを肌に当てて肌や毛を柔らかくしてからが一番お勧めです。
剃る部分に泡立てた石鹸やボディーソープを使っている人も多いのですが、これもあまりお勧めできません。
長時間肌に泡を置くことになるので、必要な油分までもが取り除かれてしまい、肌荒れや乾燥の原因になってしまいます。
カミソリで処理する場合は、専用のシェービングローションを使用しましょう。

 

カミソリの刃は出来るだけ寝かせて、角度をつけないように肌に当てて毛の流れに沿って剃ります。
流れに逆らって剃ると肌荒れの原因になってしまいますので注意が必要です。
剃り残しを見つけてもすぐに同じところを剃るのは避け、時間を置いてから剃るのがお勧めです。
どうしても気になるようであれば、シェービングローションを塗りなおしてから剃りましょう。

 

毛抜きでムダ毛処理をする方もいらっしゃると思います。
すぐに生えてこないというメリットもありますし、カミソリと違って肌への負担は少ないように感じますが、実際は毛抜きでの処理にはたくさんの注意点があります。
毛の流れに沿ってしっかりと抜かなければ、毛穴の中に毛が詰まった状態になる埋没毛が起こる可能性があります。
黒くてプツプツと目立ってしまうため、出来るだけ避けたい状態ですよね。

 

埋没毛を穿って中の毛を無理やりだすと、肌が傷ついて色素沈着の原因にもなってしまいますので、絶対にやめましょう。
また、毛を抜いた後の毛穴にはばい菌が入りやすいので、処理後は消毒するのがいいでしょう。
しっかりとケアしなければ、処理前より目立つ状態にもなりかねませんので注意して下さいね。

Copyright  多くの人が抱えるムダ毛の悩み  All Rights Reserved